派遣薬剤師も目指せる?管理薬剤師

一般的な企業社員であれば、入社~主任~係長~課長~部長と、管理能力が必要とされる役職へのステップアップを目指すものです。では薬剤師ではどうなのかといえば、「管理薬剤師」という資格、ポジションが用意されています。

管理薬剤師とは、その名前のとおり、調剤薬局やドラッグストアを管理する、薬剤師の最高責任者です。ただ役職として用意されているだけではなく、法律によって「薬局・ドラッグストアを開設する際には管理薬剤師を置かなければならない」と定められているのです。

街を歩いていて「ここに薬局ができているな」「あの土地はドラッグストアになったのか」と思った機会があることでしょう。高齢化などの背景もあり医療関係施設の開設がどんどん増加しているのです。 そこに目をつけた経営者が「よし、自分もドラッグストアを作ろう」と思ったときには、まずは管理薬剤師を雇用することが不可欠です。ドラックストアや調剤薬局の増加は、そのまま管理薬剤師の需要のアップにつながります。

管理薬剤師の仕事をこなすには、薬剤師としてのスキルに加えて、より総合的な管理能力、コミュニケーションスキルが求められます。 管理者として薬剤師を含む全従業員を監督、管理するのはもちろんのこと、日進月歩で改良されていく医薬品に精通し、管理していく必要があります。

多くの人が関わり、訪れる店舗ですから、さまざまなトラブルも起こりますが、そういった場合にも冷静に対処、解決し、オーナーに対してはよりよい店舗へと改善するための進言、舵取りをうまく行っていく役割も期待されています。

この管理薬剤師の責任の重さには、それに比例したやりがいや収入も用意されています。そのため、管理薬剤師を目指す方は少なくなく、男性だけでなく女性でも、目標とする方がいます。 家庭を持ち、子供を育てる女性薬剤師の方では、正社員としの勤務が難しく、派遣薬剤師として働いているケースがありますが、そのような女性がスキルアップ=管理薬剤師を目指すことはできるのでしょうか。

派遣社員が管理薬剤師となることを禁じる「派遣法」があり、基本的には目指せないものの、道が全く閉ざされているというわけではありません。 派遣社員として入社し、最大半年間の試用期間を経て、双方が合意すれば正社員として登用されるという「紹介予定派遣」のシステムならば、派遣薬剤師から正社員となり、管理薬剤師へとステップアップすることが可能です。

正社員として認められるだけの勤務態度、成果を試用期間中に残さなければならず、正社員になれたとしたら、これまで派遣のときには都合できていた融通が効かない、というシーンは多くなるでしょう。

こういった環境を覚悟の上で、紹介予定での派遣薬剤師を目指すならば、薬剤師専門の転職支援サイトを頼るのが近道です。実際に管理薬剤師として働くということがどういうものなのか、担当の専門コンサルタントに相談してみるといいでしょう。

このシステムを利用すれば管理薬剤師になるのも夢ではありませんが、 正社員にならなければいけないので自分のライフスタイルに合わせて 考えた方がいいでしょう。

もしも、正社員で働くことに支障がなく管理薬剤師という重責を背負う覚悟 ができているならば「薬剤師専門の転職支援サイト」で一度ご相談されると いいでしょう。管理薬剤師の仕事内容にも詳しい専門コンサルタントが、 どのようにした方が一番いいのか一緒に考えてくれるので、 最善策が見つかるでしょう。

ページの先頭へ