派遣薬剤師のスキルアップへの道

人命に関わる医療業界では、どの仕事でも「資格」が必要です。資格を取得するためには多くの時間やお金、努力が必要なため、資格を取得したことでほっとしてしまう方もいるかもしれません。 しかし「薬剤師」の試験に合格したからといって、ただ漫然と仕事をこなしていてはステップアップ・キャリアアップは難しく、時代の流れについていくこともできないでしょう。

薬剤師として必要とされる存在になるためには、幅広い情報・知識の習得が必要です。まずは、薬や病気、治療についての知識。病気や治療法についての研究にはゴールがなく、研究成果にともなって新薬が日々開発されています。病気の流行や傾向もあるでしょう。

これらの知識を得ることで薬剤の管理がしやすくなるとともに、患者さんからの質問に対しても的確に回答し、不安な患者さんを安心させてあげることができます。 薬事法の改訂情報をしっかりと得ておくことも大切です。これをチェックしていないと、いつのまにか違法な販売をしてしまうリスクがあります。

患者さん、お客様への対応面だけでなく、店舗内、薬局内での業務でも勉強は必要です。膨大な在庫や会計情報を管理するのはパソコン上のシステムです。これらについて精通しておかなければ、毎日の業務を円滑に進めることができません。

薬剤師がステップアップする方法は、ひとつの企業、職場に長く勤めて、一歩ずつその階段を上っていく、といくというものだけではありません。 派遣薬剤師として、短いスパンで複数の勤務先を経験することで、自身の目を肥やしスキルを高めた後に、相応なポジションの正社員として就職する、という方法もあります。

しかし一般的な転職活動では、本当に自分の望む待遇、ポジションで中途採用を勝ち取るのは難しいものです。そこでおすすめなのが「紹介予定派遣」というシステムです。 半年程度の試用期間を派遣薬剤師として勤め、「正社員として働きたい企業か」「正社員として雇用したい社員か」を双方が見極めて、合意が得られれば、派遣から正社員になることができる、という仕組みです。

派遣薬剤師としてもキャリアアップが望める、理想的なシステムですが、ここでひとつ注意しておきたいのは「年齢」です。 「まだまだスキルが足りない」と長く派遣を続けていると、いざ「この企業に紹介予定派遣を」と望んだとしても、企業側としては「この年齢の方は中途採用が難しい」と思うかもしれません。

派遣法改正によって、年齢制限の撤廃がうたわれているものの、誰を採用するのかは、企業担当者が抱く印象次第なのです。 派遣薬剤師としてのキャリアアップを考えるなら、「○歳までに」という期限を自身で決めて行動・努力するのも大切です。

ページの先頭へ