薬剤師、派遣と正社員とでは何が違うか

子供が小さいので時間の融通が効きやすい環境で働きたい、ある程度期間を区切って働きたいなど、様々な事情で「派遣薬剤師」としての勤務を選ぶ方がいます。 自身の都合に合わせて働けることは嬉しくても、実際派遣として働く場合、正社員と何が違うのだろう?と不安に思うこともあるかもしれません。

派遣薬剤師と正社員の薬剤師、実際に行う業務内容はほとんど変わりません。派遣薬剤師の雇用においては、雇用先と派遣会社のあいだの契約に基づいて派遣され、その契約内容に沿って働くことになります。

よほど特殊な派遣先でない限り、一般的な薬剤師としての業務以外の、なんらかの責任ある仕事などを任されるということはなく、契約以外のイレギュラーはないものと考えて問題ありません。

過去に派遣薬剤師の採用経験があったり、きちんと担当者が派遣の扱いを理解している雇用先であれば、契約内容以外の業務や残業を依頼することはありませんが、万が一そのようなことがあった場合でも、断ることが可能です。

近年では、企業の雇用状態やサービス残業が問題として取り上げられる機会が増えたものの、正社員として働いていれば「仕事が終わらない」「急な業務が入ってしまった」などの事態は少なからず発生します。

こういったときでも残業をする必要がないのが「派遣薬剤師」です。しかし、残業を行うか否かを自身で決定できるケースもあり、時給を発生させた上で残業できる場合があります。 サービス残業ではなく、さらに断ることも可能であるのが、正社員との違いと言えるでしょう。ただし大人のマナーとして、断り方には配慮したいもの。同じ「NO」でも断り方ひとつで、相手が気持ちよく了解できる場合と、不愉快になる場合とがあります。

特に、契約更新を望むような環境の良い職場であればなおさらのこと、コミュニケーションには気をつけておきたいですね。業務内容は正社員と変わらなくても、給与形態は確実に異なります。

時給単価は良くても、派遣薬剤師はボーナスを受け取ることはありません。サービス残業がない反面、時給換算のために、早退・遅刻・長期休暇など、休んだ分に比例して給与額は下がります。

派遣会社と雇用条件によっては、有給休暇を用意している派遣会社もあります。必要な休暇を取ってもお給料がもらえるのはありがたいものです。 待遇面では正社員と異なる点もいくつかある派遣薬剤師ですが、長く働くことを望むのであれば、自身の希望を叶えながらも、雇用先の求めているスキルや働き方を受け止めて、期待に応えることも必要です。

希望に沿った、対応のきちんとした雇用先を紹介してもらいたいなら、薬剤師専門の転職支援サイトの活用をおすすめします。

ページの先頭へ