「紹介予定派遣」を利用して派遣薬剤師から正社員へ

企業に勤める際、正社員以外にもパートやアルバイト、そして派遣と、さまざまな働き方があります。自分のライフスタイルやキャリアプランに合わせて働き方を選ぶことができますが、専門資格である薬剤師にも「派遣薬剤師」という選択肢があります。

派遣薬剤師になるためには、薬剤師専門の派遣会社へ登録するのがおすすめです。薬剤師に特化しているので、業界内の情報に詳しい担当スタッフから仕事を紹介してもらえます。 派遣の最大の魅力のひとつは「高い時給」。パートやアルバイトに比べてどのぐらい違うの?と思う方もいるかもしれませんが、破格の例ではなんと年収700万円の派遣薬剤師の方もいるそうです。

これだけの年収を得るということは、「相応のスキルを生かした成果のある仕事」が派遣という勤務スタイルでも可能である、ということですが、このようにキャリアの高い派遣薬剤師になるにはどうしたら良いのでしょうか。 派遣先の多くはドラッグストアや調剤薬局ですが、病院や大手製薬メーカー、CRA(臨床開発モニター)などといった「キャリアアップが期待できる勤務先」に派遣される可能性も残されています。

病院に関しては、薬剤師の派遣が法律によって禁止されているのですが、正社員登用を前提とした「紹介予定派遣」ならば雇用は可能です。派遣薬剤師として最大半年間の勤務の後、病院側・派遣薬剤師側双方の合意があれば正社員として採用する、という契約内容となります。

病院にしても、製薬会社やCRAにしても、紹介予定派遣制度を積極的に利用する理由は、派遣薬剤師には「即戦力」や「特殊なスキルや知識を使いこなせる可能性」を期待できるためです。 まずは紹介予定派遣として採用し、試用期間中実際に業務を行ってもらいながら、「この先も正社員として、企業側が求める仕事をこなしていける人材かどうか」を見極められるので、いきなり正社員採用するよりもリスクが少なく、企業側にとってもメリットがあるのです。

薬剤師側にとっても、スキルを活かした仕事をしキャリアプランを実現していくための「挑戦」の機会とすることができます。正社員としての応募が難しくても、派遣薬剤師から正社員雇用へのチャンスをつかめる可能性があるのです。

夢の実現への道は、ひとつではありません。まずは薬剤師専門の派遣会社に登録し、こういった紹介予定派遣について、より詳しく相談してみてはいかがでしょうか。自身の生き方を改めて見つめ直す機会にできるかもしれませんね。

ページの先頭へ